menu

睡眠薬を理解するために

散らばっている白い錠剤

睡眠薬の中身とは

世間的にあまりよくないものとされている睡眠薬ですが、その中身とはいったいどういったものなのでしょう。
睡眠薬には大きく分けてふたつの種類があります。

ひとつは、中枢神経に働きかけて薬による眠りを作り出すものです。
これをここでは「神経系睡眠薬」と呼ぼうと思います。

もうひとつは、脳内のホルモンに働きかけて自然に近い睡眠へ誘導するものです。
こちらをここでは「ホルモン系睡眠薬」と呼びます。

両者に大きな違いは無いように見えますが、実は人体に与える影響を比べてみた場合や眠りの質などが全くもって違うのです。
というのも、神経系睡眠薬とホルモン系睡眠薬は文字通り作用する箇所が全く違うのです。
そのために、その影響というのも全く違うものになります。

その違いというのはいったいどういったところから来ているのでしょうか?
見て分かる通り、それらに含まれる成分というのは一切合切違うものとなります。
神経に働きかける睡眠薬もホルモンに働きかける睡眠薬もそれぞれにアイデンティティを獲得しているものです。
そういったアイデンティティを獲得しているそれぞれの薬にはやはり長所と短所があります。
ここではまずそういったことを説明していきます。




神経に作用していく

元々睡眠薬として用いられてきた「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」「バルビツール酸系」と呼ばれるものがあります。
これらは非常に強い効用を持つ一方で、少なくない依存性を持ち合わせていたために我々の体に対してあまり良い影響を持っているものではありませんでした。

これらのものが先程から持ち出している「神経系睡眠薬」というものです。
主に「大脳辺縁系」や「脳幹網様体」と言われる箇所に作用し、強烈な眠気を誘う睡眠薬です。
強力な効果を持ち合わせている反面、そこに含まれる副作用や依存性というのは中々に強力なものでした。
そのために、本来の自分の睡眠というのが削り取られてしまうことがあるのです。
睡眠を得るための睡眠薬なのに、そこに含まれる作用によって睡眠を失ってしまうのはいわゆる本末転倒というものではないでしょうか。
実際にそれらの神経系睡眠薬はあまり人体に良い影響を与えないということで、新しいタイプの睡眠薬を求める声が各地で挙がりました。
それらの声を受け、全く作用する場所が違う睡眠薬が開発されるに至ったのです。
それが後述する「ホルモン系睡眠薬」です。

神経系睡眠薬の歴史は浅いものではなかったですが、やはりその効果に潜むリスクや依存性を考えると新しいタイプの睡眠薬にその権威を移さざるを得なくなったというわけです。

ホルモンに作用するもの

前述の神経系睡眠薬とは打って変わって、次はホルモン系睡眠薬となります。
ホルモンと言っても脳内の体内時計に関わるホルモンの働きに関するものです。
また眠りを妨げるホルモンの働きを抑えるものもあり、直接的に眠りをつくり出すというよりもむしろ間接的に眠気を誘うものとなっています。

「メラトニン受容体作動薬」「オレキシン受容体拮抗薬」がそれらのホルモン系睡眠薬となります。
メラトニンは体内時計を調節するホルモンで、メラトニンが正しく働くことで、毎日の睡眠のリズムが形成されます。
しかし、メラトニンの仕事は体内時計を調節するだけではなく、興奮を鎮める要素も持ち合わせています。
日常のストレスなどでホルモンバランスが崩れることにより、このメラトニンの働きというのもだんだんと希薄なものになってきます。
そうしていく内に、ホルモンバランスが大きく乱れて、慢性的な睡眠不足に陥ってしまうのです。
そのために、メラトニンを増やすことが不眠を治すことに繋がります。
しかし、自分のホルモンバランスなど目で見てわかるものではありません。
長く睡眠不足が続いたり、すぐイライラするような時にはメラトニンが不足しているのかもしれません。

オレキシンはメラトニンとは違い、覚醒に関わるものです。
そのオレキシンの働きを抑えることで、自然な眠気を誘う睡眠薬となっています。
眠りたいのに、眠気を感じないときというのはこのオレキシンが非常に活発に働いている可能性があります。
そのような場合に効果を発揮してくれるのがこのオレキシン受容体拮抗薬となります。

どちらの薬も神経に直接働きかけるのではなく、間接的に睡眠に関わってくるものなだけあって危険性というは限りなく低いです。
これらの医薬品は診療内科でも処方してもらいことが可能ですが、通販で購入することが可能なため、気軽に購入するなら通販をおすすめします。

こちらは、これまでに一度も睡眠薬通販を使ったことがない人や、購入したことが無い人にも、丁寧に通販サイトの使用方法や使用のメリットなどを丁寧に紹介してくれています。

記事一覧

透明なカプセル

「通販で睡眠薬を?簡単に購入して不眠を撃退しましょう!」の記事一覧です。

read more »

アルコールは程々に

散らばっている薬のパッケージ

軽度の不眠であればアルコールを摂取することで気持ちよく眠ることが出来る場合があります。しかし、アルコールによる睡眠というのはあまり質の良いものではありませんし、そもそも眠りたいのであれば通販睡眠薬を利用するべきなのです。

read more »

ジェネリックを手に入れる

積み上げられているパッケージ

睡眠薬を購入する場合に、通販サイトを利用する方というのは非常に多いことでしょう。しかし、そこでジェネリックを選択する方はあまり多くはないかもしれません。しかしジェネリック睡眠薬は非常に限定的なものかも知れませんよ。

read more »

手軽に睡眠薬を購入する

スプーンに乗っている薬

日常生活というのは、おおよそが昼に仕事、夜には家に帰ってくるというものでしょう。その中でストレスが溜まっていく内に体内のホルモンバランスが崩れ初めて不眠を招いていまいます。睡眠薬を通販で購入して治療していきましょう。

read more »

偏見にまみれた睡眠薬

ピル風の薬

睡眠薬は風邪薬や頭痛薬と違い、家に瓶で常備するような薬では無いかもしれません。しかし、眠れない苦しみを解消してくれる非常に優しい薬なのです。そのためにいくら偏見に満ち溢れたものであろうと正しく見てみましょう。

read more »

眠りをその手に取り戻す

バイアグラ

眠りというのは我々の生活において欠かせないものです。何も食べないと最終的に死んでしまうように、自分の中でどこまでも眠りから遠いところにいると自分が自分でなくなってしまいます。そうなる前に睡眠薬を通販で購入しましょう。

read more »